Menu

木工用ボンドで簡単便利、ペロンと剥がせば頑固な錆(サビ)がゴッソリ落ちる裏技

2015年7月30日 - お役立ち

木工用接着剤といえば、“物をくっつけるだけ”と思われがちですが、

使い方次第では、とっても便利なんです!

厚く塗って、乾燥させてはがすだけで掃除がしにくい細かい箇所の

ゴミ取りや錆(サビ)が簡単に取れるんです。

bondo

ガンコな錆(サビ)を、ゴッソリはがす

錆(サビ)の気になるところに、木工用ボンドを厚めに塗ります。

ボンドが乾くまで放置

ボンドが乾くまで数時間放置します。ボンドは乾くと透明になりますので、透明になるまで待ってくださいね。

剥がす

透明になったボンドを剥がしていきます。

ゴッソリとれる

いやこれは凄いサビがホントに綺麗にコーティングされたボンドの方にくっつき、剥がした後は、まるで新品のように光かがやいている。まじこれ凄い!!

こんな綺麗にとれるなんて驚きです。木工用ボンドは100均で購入できるし、天気のいい日に試してみたいです。

新品のような自転車に!

ピカピカになってすごいです。中々落ちにくいサビはボンドで解決できるんですね。

サビを防ぐには?

自転車を錆び止めするには水、ほこりが着かないようにする自転車の錆び止めをする方法は、まず、水やほこりが着かないように保管しましょう。できれば室内がベストです(^^)v屋外でも雨ざらしにならぬよう、ガレージの下に置くようにします。どうしても屋根がなければ、自転車カバーを使いましょう。サビがつく一番の原因は、雨に濡れることです。これを守れば、大きくサビの発生を防げます。

One thought on “木工用ボンドで簡単便利、ペロンと剥がせば頑固な錆(サビ)がゴッソリ落ちる裏技

Mr WordPress

これはコメントです。
コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です