Menu

イチゴ鼻のブツブツを耳掃除スティックでスッキリとる方法!

2016年6月1日 - お役立ち

鼻の白いプツプツとした「イチゴ鼻のブツブツの詰まり」。
とても気になりますよね。

ピーリングやスクラブなど様々なイチゴ鼻のブツブツ手入れをしてもなかなかゴッソリととれる事って少ない…。
それこそ頑固な角質だと何をしてもキレイにならなくって、気づいたら黒ずみになっている…。

毛穴のお掃除は難しいです。

実は最近、Twitterで耳掃除のワタスティックを使ったイチゴ鼻のブツブツ手入れが1万リツイートを超えているのをご存知ですか?

この耳掃除のワタスティックでの手入れが「ゴッソリとイチゴ鼻のブツブツがとれる!」と話題なのです。

耳掃除のワタスティックでのイチゴ鼻のブツブツ手入れとは?

鼻などの毛穴に詰まった古い角質や皮脂は、なかなかツルンと取れにくいもの。
中には固くなってなかなか取れないものもありますよね。

そんな頑固なイチゴ鼻のブツブツさえも耳掃除のワタスティックでつるんと取ってしまう方法です。

油をたっぷり染み込ませた耳掃除のワタスティックを使うので、お肌に負担がかかりにくく、面白いほどイチゴ鼻のブツブツが取れるのです。

なぜそんなにとれる?

なぜそんなにとれるのでしょうか?
それは、毛穴に詰まっている皮脂や汚れが油に反応してじんわりと毛穴の外に溶け出してくるためです。

皮脂のバランスに限りなく近い成分の油がより馴染みやすい傾向にあります。
椿油・米ヌカ油・オリーブ油などが人間の皮脂に近いと言われています。

このような植物性の油は品質が安定しやすくお肌への負担になりにくいためです。

他にもいろいろな種類があるので自分の肌質に合ったものをいろいろと試してみてもいいでしょう。

耳掃除のワタスティックでイチゴ鼻のブツブツをとるメリット3つ

①肌にやさしい

ピンセット、コメドプッシャー、指、鼻パックでイチゴ鼻のブツブツを取ろうとしていませんか?

これらは、毛穴の周りの皮膚に余計な負担がかかりやすく、刺激となってしまいます。
最終的には色素沈着や肌トラブルの元になりがちでとても危険。

耳掃除のワタスティックでのイチゴ鼻のブツブツ手入れは、耳掃除のワタスティックが油を含む事で皮膚への滑りも良くなります。

耳掃除のワタスティック同士でイチゴ鼻のブツブツをはさむ事も出来るため、バイ菌も入りにくく、お肌に余計な負担をかけずにイチゴ鼻のブツブツが取れやすくなるのです。

お肌にやさしいのが最大の特徴!

②頑固なイチゴ鼻のブツブツも取れる!

毛穴自体が小さく浅いイチゴ鼻のブツブツや毛穴が大きく深くまで根を張っているイチゴ鼻のブツブツなどイチゴ鼻のブツブツにもいろいろ種類があります。

小さくて浅いイチゴ鼻のブツブツは比較的取りやすいのですが、厄介なのは深く根を張っているイチゴ鼻のブツブツです!

毛穴の中で皮脂や古い角質が固くなってしまっていて、いつまでも取れない!なんて事も。

そんな固くなったイチゴ鼻のブツブツも油と反応する事で毛穴の外に出て来やすくなり、つるんと取れやすくなるのです。

③揃えやすい低価格

使うものは耳掃除のワタスティックと油だけなので、気軽に行う事ができます。
使う油にもよりますが比較的安価で揃えやすいのがポイント!

他のイチゴ鼻のブツブツ手入れ方法と比べても成分の安全性やお肌に対するやさしさがあり、コスパの面でも魅力が高い毛穴手入れ方法と言えます。

耳掃除のワタスティックイチゴ鼻のブツブツ手入れのやり方

洗顔後でもいいのですが、メイクオフした状態で蒸しタオルやスチーマーなどを使い毛穴を十分に開いておくとより効果が期待できます。

①耳掃除のワタスティックにたっぷりと油を染み込ませる

香料などが混ざってたりする油よりもシンプルな成分のものをオススメします。

②やさしくマッサージ

耳掃除のワタスティックを横に倒して気になるイチゴ鼻のブツブツのところでクルクル回し、優しく撫でるようにマッサージします。

もし滑りが悪ければ皮膚に直接油を塗ったりしてもよいです。
これだけでだいたいのイチゴ鼻のブツブツは面白いほど取れます。

イチゴ鼻のブツブツの横を優しく耳掃除のワタスティックで押すようにしてもいいでしょう。

頑固でなかなか取れないイチゴ鼻のブツブツには、油を染み込ませた耳掃除のワタスティック同士でイチゴ鼻のブツブツを挟み押し出すようにすると上手にとれます。

③洗顔

たっぷりの泡で洗う事で油が落ちやすくなります。
また、1度で油が落ちなかったら2度洗ってもかまいません。

油が顔に残ったままだとお肌のトラブルを招く事にもなりかねないのでしっかりと油を取って下さいね。

④最後に冷たい水で何度かすすぐ

冷たい水で洗う事により、イチゴ鼻のブツブツが取れてクリアな状態の毛穴がキュッと引き締まります。

⑤保湿手入れ

清潔なタオルでポンポンと余分な水分を取ります。
その後、収れん化粧水を使い毛穴を引き締めてから保湿化粧水や美容液などで保湿手入れをして下さい。

何もしないとまた汚れが溜まりイチゴ鼻のブツブツが詰まりがちになってしまいます。

この最後の保湿手入れが大切なのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です