Menu

ツイッター 140文字制限を緩和!

2016年9月21日 - お役立ち

ツイートするときに貼り付けた画像や引用などはカウントしなくなりました。
米ツイッター(Twitter)が2016年9月19日、ツイートの140文字制限を緩和しました。
発表によると、画像や動画、引用文など特定の付加情報は文字数から除外する仕様変更を実施したそうです。

この仕様変更は2016年年5月に発表された内容と一致します。
ツイッターは公式アカウントの投稿で次のようにアナウンスしました。

「今年5月にお知らせしたように、写真や動画、GIFや投票などの添付物は140文字に含まれなくなりました。今起きていることを140文字でもっと伝えることができます。」
TwitterJP (@TwitterJP) 2016年9月20日 07:30

ふむふむ…本文の140文字制限に影響のある要素を制限から除外したってことみたいですね。
最近はツイッターをはじめ、色んなSNSに動画や写真を投稿することが増えました。
今回のアップデートで140文字というツイッター最大の特徴は維持したままで、写真や動画投稿に最適化するユーザビリティの向上を提供したTwitter社には拍手&拍手ですね。

早速Webとアプリの両方で試してみましたが、画像を挿入しても残り文字数は140のまま変化なし!
引用ツイートもカウントされません!こりゃいいですね〜
動画や写真に添えて140文字フルにツイートができると、今までできなかった詳細説明もできるので「見せる+読ませる」というスタイルが投稿のスタンダードになるかもしれませんね。

ツイッターの面白くていいところは140文字って制限だと思うんです。
「あと一文字削れれば140文字…」ってアレ(笑)
ダラダラと書くのではなく、プロのコピーライターよろしく”決められた文字数で、より効果的に表現する”っていうことに頭をひねる。
あぁ…職人魂がそそられる〜(笑)
140文字以上への検討もあるかと思いますが、そのままの方が絶対に楽しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です